土曜日, 6月 24, 2017

マリーヌ・ル・ペンFN総裁の父親が 娘をパラノイヤ批判

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎samedi ‎24 ‎juin ‎2017‎‎-10:14:26)仏極右派国民戦線(FN)の創立者で名誉総裁のジャン・マリー・ルペン氏はFN総裁のマリーヌ・ル・ペンは「パラノイヤ」だと言って抗議している。マリーヌ・ル・ペンの父親ジャン・マリー・ルペン氏は、FNが仏大統領選挙の決選投票でも負け下院選挙でも当選者8名と敗北したのであって、仏社会党の総書記長カンバデリ氏の辞任に見習って娘のマリーヌ・ル・ペンも同様に責任をとり総裁を辞任すべきだと20日に発言して話題になっていた。20日のパリ北西部のナンテール市にあるFN本部での政治会議に駆け付けたジャン・マリー・ルペンは、そこで道路側の入り口の門に鎖が巻き付けられて中に入れなくされていた。それは中に自分の出席を嫌うものがいるからだとジャン・マリ・ルペンの掲載している「テレビ・ジャーナル№477」で言っている。マリーヌ・ルペンは引き続き二度に渡る失敗した現実を見ようとせずにこれを成功したとしているパラノイヤックなのであると語った。

火曜日, 6月 20, 2017

凱旋門のあるシャンゼリゼでイスラム原理主義者が警察の車に突入テロ 犯人は死亡

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎20/‎06/‎2017‎‎-16:31:02)19日にパリのシャンゼリゼで車にガス缶と武器を搭載していた車が警察の使用する車に衝突させた事件があり、31歳のフランス人犯行者は死亡した。他に被害者などは出ていない。司法調査での発表では犯人はイスラム原理主義者で反民主主義・反ヨーロッパのサラフィスト系イスラム教徒とみられ既に危険人物として2015年以来警察の監視必要人物リストに登録されている人物。19日午後にはパリ南郊外のベルサイユとフォンテンブローとの間にあるプレシー・パテに住む犯行者の家族4人が拘置されたという。このシャンゼリゼでの事件はノートルダム寺院の前庭でパトロール中の巡回警察をハンマーで襲った事件から2週間ほどたって行われていた。国営ラジオ・フランス・アンフォなどが報道している。

月曜日, 6月 19, 2017

ロンドンでイスラム教徒を標的に小型トラックでテロ襲撃

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎19/‎06/‎2017‎‎-19:10)昨夜18日に、ロンドンのフィンスビュリー・パーク(Finsbury Park)付近にあるイスラム教徒寺院近くで車が歩行者をひき逃げした事件が起き、一人の男性と10人を負傷させたと英国警察のテロ対策部が19日朝に発表している。英国イスラム教徒審議会(MCB)など多くの英国のイスラム教徒団体によると事件はイスラム教寺院の前で繰り広げられ、イスラム寺院から出て来た我々の信徒を狙ってトラックで轢き殺したと事件直後の23時20分(GMT)ごろに警察に報告されている。事件直後に現場に駆け付けたダヴィッド・ロバンソン氏41歳はフランス通信(AFP)に我々は多くの人々が叫び負傷しているのを見た。イスラム教徒寺院が標的にされたようだと証言している。

仏下院選挙 マクロン党が予想以下で大勝利 棄権者が多かったのは危険を感じなかったから

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎2017-‎06-‎19-09:37)18日の仏下院選挙結果ではマクロン仏大統領の「始動する共和国」党(LREM)が全議席577の過半数を超える315議席を単独で獲得し大勝利したのだが、仏下院選挙でのマクロン党は最終的な世論調査会社などの予想を裏切ってそれよりは少なかった。仏国民が危険を感じないので投票率も最低だったという分析がある。フランスの世論調査会社各社の予想ではLREMは440議席から470議席を獲得すると報道されていたが、意外に議席が伸びなかった。56、6%の棄権者が出た。このことでマクロン党の勝利との関連で論議が起こっている。フランス国民の平衡感覚が一党独裁を回避しようとた為で、マクロン派の津波を修正したのだと分析する評論家のポローニャさんなどもいる。一方、欧州議会の緑の党議員のダニエル・コンベンディット氏やルモンド紙の元編集長で現在は「№1」というテーマ新聞の発行者となったエリック・フォトリノ氏などは、フランス人が今回の選挙に行かなかったのは危険だと感じてないからで逆説的だが完全に投げ切っていたと言っている。仏大統領選挙の決選投票でマリーヌ・ル・ペン総裁のフランス極右系国民戦線(FN)がマクロン氏と戦った時には、FNの勝利を恐れて誰もが投票所に駆け付けたことを髣髴させている。

土曜日, 6月 17, 2017

仏下院選挙 大物政治家が第一次投票で落選 マクロンの独走に危険信号

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎17/‎06/‎2017-09:43)仏下院選挙では現職の大物議員が既に第一次投票で大敗して落選している。例えばサルコジ前大統領の講演原稿を書いていた元エリゼ大統領官邸特別書記官アンリ・ゲイノ議員「共和党」(LR)は今回は4,5%の得票率しかなかった。完全に無視された。社会党の総書記長ジャン・クリストフ・カンバデリ議員や国民戦線FNのスポークスマンのニコラ・ベイ議員も落選している。ゲイノ議員は大統領選挙の時にサルコジもフィヨンも参加した「共和党」(LR)のプリメールを経ずこれを回避して独自に立候補した。市長や議員など500人の支持数が得られずに2017年の仏大統領選挙予選候補者にさえ成れなかった。このことがあって下院選挙ではイブリーヌ県で前回5年前の第二次決選投票で61,8%を得たゲイノだが、今回の敗北は党から支持を得られなくてしまったからだと語って、11日夜に政治生命を断つ宣言をした。

仏下院選挙 マクロン党が総議席数577の過半数以上を獲得、世論調査で4社が予測

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎17/‎06/‎2017-09:38)18日の仏下院選挙の予測を代表的な世論調査会社4社が出していて、マクロン仏大統領の「始動する共和国」(la République en marche )党とフランソワ・バイルのモデム(MD民主運動党)議長の連合が過半数以上を獲得する予想が大勢だ。一日中報道しているテレビ15チャンネルBFMTVが報道した。世論調査会社のオピニオン・ウエーが15日に発表した予想では、マクロンの「始動する共和国」(la République en marche )党とモデム MD(民主運動党)とで440議席から470議席を獲得する模様。サルコジ派の「共和党」(LR)とジャン・ルイ・ボーロー派の「中道派の民主独立連合」(UDI)とは70議席から90議席を獲得すると見られている。社会党(PS)とヨーロッパ・エコロジー・緑の党(EELV)とで20議席から30議席。共産党(PC)と左派党のジャン・リュック・メランションの「虐げられない共和国」党(France Insoumise)では5議席から15議席が見込まれている。フランス極右派国民戦線(FN)は、マリーヌ・ル・ペン総裁が2017年の仏大統領選挙の決選投票を争ったが、衆議院選挙ではFNは1議席から5議席しか取れないとされている。調査は6月13日から15日にかけて2973人のフランス人有権者を対象に行われた。
ハリス・インターナショナル世論調査会社の13日から15日の調べの発表では、マクロンの「始動する共和国」(la République en marche )党とモデム MD(民主運動党)とでは投票率によって変動し、440議席から470議席を獲得する模様。サルコジ派の「共和党」(LR)と「中道派の民主独立連合」(UDI)とは60議席から80議席を獲得。社会党(PS)とヨーロッパ・エコロジー・緑の党(EELV)とで22議席から35議席を得ると見ている。共産党(PC)と左派党のジャン・リュック・メランションの「虐げられない共和国」党(France Insoumise)では14議席から25議席が予想。フランス極右派国民戦線(FN)は、1議席から6議席と見ている。
テレビ(BFMTV)の為に調査した世論調査会社エラベ(Elabe)によると、マクロン党が397から 427議席を獲得。LRとUDIでは95から115議席。PSやEELVなど左派全体では22議席から32議席だとしてる。PCと「虐げられない共和国」党で11議席から21議席。FNは5議席から15議席が予想。
イプソスとソプラ ステリアの世論調査では順にマクロン党が415から455議席。LRとUDIは70から110議席。社会党・緑の党などの左派全体では20から30議席としている。メランションのところが8から15議席を獲得と予想。FNは1議席から5議席となっている。


【参考記事】
http://www.bfmtv.com/politique/legislatives-que-disent-les-derniers-sondages-1187709.html

木曜日, 6月 15, 2017

フランスでバカロレアの哲学試験 「幸せを見つけるには、それを探さなければならないのか?」などのテーマに4時間

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎15/‎06/‎2017‎‎-20:49)15日のフランスの大学入学資格試験バカロレアの哲学の試験が行われ45594人の高校生が受験した。テーマは「認識するには観察で十分か?」「正しければ自分は何でもする権利があるのか?」「幸せを見つけるには、それを探さなければならないのか?」といった筆記試験でこの後には4時間に渡る口頭試験もある。国営ラジオ・フランス・アンフォが昼にこれを報道した。試験のテーマは厳重に保護されていたにもかかわらずテクノロジー選択者の試験問題が漏洩したことが教育相から昨日報道されている。15日の試験当日には問題が公開された後にも、1時間ほど試験会場への参加が許された所もあったことが指摘されている。

【参考記事】
http://france3-regions.francetvinfo.fr/hauts-de-france/bac-philo-2017-voici-sujets-lesquels-lyceens-ont-planche-1276619.html